サラリーマンが企業に対して誰しもが思っている3つの悩み

給料面に対する悩み

給料日は今迄に職場で頑張ってきた努力が形となって報われる瞬間です。

月に1度の楽しみにも関わらず収入が少ないと今後の指揮の低下にも繋がります。

悪質な企業であれば仕事の割に合わない給料で社員を働かせたりします。

しかも給料の内訳を計算すると日給に換算して7000円であって更に時給に換算すると400円程度になるなど、とんでもない企業が現実に存在します。

仕事に関する不満

職場において悩み事が多いとされるのは以下の2点です。

社員として働くには会社の課せられた課題をこなす事で報酬が発生します。

しかし度重なる難題を押し付けると社員の不満は高くなり退職に追い込む事にも繋がります。

・残業時間が長い
・仕事内容が給料に見合っていない

残業時間は多くのサラリーマンが悩んでいる事でが問題なのは頻繁に長時間の残業をさせられる事でしょう。

適度な残業は不満を持つ人は少ないのですが残業日数・残業時間・サービス残業などが日常化されると社員の不満が高まります。

1番厄介なのが残業代が発生しないサービス残業の存在です。
他にも在宅での仕事をさせられるケースもあり当然ながら報酬は出ません。

当然ながら社員を家畜扱いしている企業は、どの様な仕事であっても給料は一定水準以下で労働をさせられます。

人間関が上手くいっていない社員

何処の職場においても人間関係に関する課題は尽きません。
どの様な状況で人間関係に悩むのか人それぞれですが共通点は存在します。

・人間性に欠ける人の存在
・性格や相性の不一致

上記の2点は人間関係に悩みを持つ共通点としては非常に当てはまるポイントとなります。

特に懸念すべきは人間性に欠ける人の存在である事は誰もが思っている事でしょう。

人間性に欠けている人が同じ会社にいるとどうなるのか?

上司は立場を利用して部下に仕事を名目に苦行の限りを押し付けてくる他、失態責任は部下に取らせるなどしたたかな行動を平然と行います。

先輩は後輩に対し上司であるかのような振る舞いで、行き過ぎた指示や指導を行い質が悪いと暴力にまで及ぶなど周囲から嫌われがちです。

しかし上の人には日頃からご機嫌を取り自分は真面目な人だと思わせる振る舞いも忘れていません。

まとめ

現実に世に存在する企業の中で頑張っているサラリーマンのありふれた現状をお伝えしました。

働き改革に関しては以前よりも改善されたかの様に見えますが目を凝らして見ると、まだまだ上記に当て嵌まった企業が沢山存在します。

自分が企業の餌食にならない様にする為に入社時にはしっかしと要点を理解し大事な質問は妥協なくしておくなど対策が必要です。

それでも駄目な時は無理をせず早期でも良いから退職をするなど逃げる事も大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です